読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみぶろぐ

睡眠ブログです。もっと、ぐっすり眠りたい!

オヌヌメの「睡眠」に関する動画

健康オタク。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

自分は起きたら、まっさきに朝ごはんをよく噛んで食べるタイプなんですが、食べてる間はスマホで(chrome cast 欲しい!)動画を見たりしています。

 

1日の質をより高めようと思たら、朝にスタートダッシュを決めないといけないので、割と情報量多めのやつ。TEDなんかオススメです。

 

(ちょうど、「睡眠」に関するものがあったので、載せときます。)

ラッセル・フォスター: なぜ人は眠るのか? | TED Talk | TED.com

ジェフ・イリフ: よく眠る事が大切なもう一つの理由 | TED Talk | TED.com

アリアナ・ハフィントン「成功の鍵とは? もっと睡眠をとりましょう」 | TED Talk | TED.com

 

朝は、どうしてもスロースタートを決めてしまいがちですが、起床後の行動大事で、ディスプレイ使った仕事はどうせなら夜に残さず、あさやるといいと思います。

 

ひとつひとつ、習慣を変えて、睡眠の質を上げていきましょう。よく「睡眠大事だよ!」と言ったりすると、友達に笑われるのですが当たり前の習慣を見直していくのはとても重要ですよね。ヒトは、寝ることに手を抜きすぎです。

 

それではまた!

「良い寝室の作り方。」明るさ編

健康 睡眠

寝室DIY

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

寝室は、一日の3分の1を過ごす場所で、人生の3分の1を過ごす場所。

 

それなのに、あまりにも、良い寝室を作ろうという努力が行き届いていない場所だと考えています。

 

今回は、より良い寝室を作るはじめの一歩として、「寝室の照明」について改めて整備したい。

 

前に書いたように、睡眠と光は密接な関係があります

atozzz.hatenadiary.com

 

夜(睡眠モードに入る頃)は、強い光を見ないような環境を作りましょう。これ、大切です!

 

寝室の照明は変えられるであれば、暖色系のものがいいそうです。また、ブルーライトを(科学的には、はっきりとは解明されてないみたいですが、強い光であることは確かです)浴びることも、睡眠に適さないホルモンバランスができてしまいます。

 

ので、スマホやパソコンも寝る直前は見ないのがいいです(自分は寝る前の儀式として、お笑いを見ていますが)。  

 

日中、太陽光を意識的に浴びて活動し、夜は意識的に睡眠モードに入っていくように行動を変えてることで、質の良い睡眠を手に入れることができます。そして、質の良い1日を生活できるでしょう。

 

いきなりですが、睡眠は、ブルーオーシャンです。

 

それではまた!

寝る前のお風呂はNG?

健康 睡眠 雑談

寝る前のお風呂。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

しばしば、就寝直前に、お風呂に入って体を温めてから布団に入る人も多いと思うのですが、実は、この行動が入眠を遅らせてしまっている可能性が高いらしいのだ。

 

睡眠と体温の変化には切っても切り離せない関係がある。

 

ヒトというのは、体表面の温度(いわゆる、体温)が高くなり、逆に深部の体温が低くなっていくにつれて、睡眠モードに入っていく。深部から表面に体温を逃していっているのだ。(赤ちゃんが寝る前に温かくなるのはこのため)

 

だから、寝る前にお風呂に入ると、体の深部が温まってしまい、入眠までに時間がかかってしまうということだ。

 

お風呂は睡眠2時間前には済ましておくのがいいらしい。

 

質の高い睡眠を取るための習慣を作ってくには、最初は大変だが、すぐに慣れていくと思います。

 

 

それではまた!

自分の体内時計の調節方法

ズレていく体内時計。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

ヒトには体内時計というものがあって、それによって生活リズムがつくられる。しかし、しばしば、体内時計がくるって(⇦社会生活における時計とのズレが生じる)

 

不快で、不健康な生活が定着してしまいがちだ。原因は、単に「睡眠時間が短いから」であることは多いのだが、もう少し、意識的な行動が必要になる。方法は簡単で、

 

「朝起きたら、太陽光を十分に浴びる」

 

ヒトには、「サーカディアンリズム(概日リズム)」があって、「約」24時間を1周期として、リズムが作られる。

 

ようは、これこそがが体内時計である。「約」24時間というところが肝心で、ヒトは、24時間ちょうどで社会生活を基本送っている(自転周期)ので、

 

「約」の部分のおかげで、少しづつズレていってしまう。でも、実際はそうはならずに、生活できている。それは、朝起きて太陽を浴びることで、体内時計をリセットできているから。

 

(科学的には、起床後の太陽光により、メラトニンという睡眠を促すホルモンを日中は抑え、夕方になったらその分多く分泌されようになる。行動を変えるとホルモンも変わり、結果、生活が変わる。)

 

意識していなくても、眠い目をこすっていても、太陽光浴びることで、うまく調節できているのだ。自分は、最近起床後すぐに近くの自動販売機に「天然水」を散歩がてら出かけている。

 

結果、質の良い睡眠と合わさって気持ちの良い生活が作られているなぁと感じている、今日この頃です。

 

また、休日で、起きてもシャッターを開けずにくらい部屋(蛍光灯の光と太陽光では、照度(ルクス)が違う)にいたりするのは、質の良い一日を送るためには悪影響なのだ。

 

この時間帯にしっかり太陽光を浴びておくと、14時間〜16時間後にしっかりと、眠気が襲って来てくれるはずだ。

 

このように、起床後、「シャッターを全開にする」習慣によって、質のよい生活を手に入れるのだ。

 

(曇りの日や雨の日でも、屋外だと、それぞれ、10000ルクス、5000ルクスあるので、効果あり。)

 

起きたら、太陽光浴びましょう。

 

それではまた!

昼寝のすすめ

昼寝の効能。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

昼寝はいいらしい。昼寝をすると、だらだらしてしまうイメージがあるので、避けていたんですが、どうも違うようなのだ。

 

実は、お昼ご飯を食べたあとに眠くなって、昼寝をするのは、そのあとの1日の質をむしろ上げる。

 

これも、「夜の睡眠」と同じで「積極的な行動」である。この時間帯は、お昼ご飯をたべて、消化器官に血液が集まり、脳に血液があまり回らなくなるために眠くなっている。

 

そもそも、この時間帯は、食後とか関係なく、ヒトの体内リズムとして眠くなるようにできているらしい。お昼時、もし眠くなったら、少しでも寝ると、結果的に1日の質が上がるのだ。

 

10分でも効果があるらしい。コツは、「入眠後すぐに来る、深い睡眠」が来る前に起きることだ。

 

それではまた!

睡眠でお肌をキレイに

「睡眠不足は肌に悪い」


どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

睡眠不足は肌に悪影響とよくいうけど、それは科学的にも正しいらしいです。肌に悪いと言われるのは、言い換えると、「修復できない」ということ。

 

日中に、浴びた紫外線による肌のダメージを「成長ホルモン」によって修復してくれる。成長ホルモンは身長を伸ばすことじゃなくても、使われるらしい。

 

この成長ホルモンは、23時〜2時の間に活発に発生することは、一般論と同じですね。また、ノンレム睡眠時によくでる。

 

積極的に「質の良い睡眠」を取ることで、身体のダメージを修復できるですね。いやー、睡眠大事だ。

 

それではまた!

 

 

 

 

 

みんなが「ほにゃらら専門家」

専門性。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 T

最近、何事も、専門性ありきだなーとつくづく感じる。

 

「料理の専門家」「マンガの専門家」「映画の専門家」「恋愛テクニック専門家」「経済の専門家」「スポーツの専門家」

 

専門家。ようは、オタクである。

 

例えば、プログラミングを学び、例えば、「コンピュータサイエンスの専門家」になったとしても、

 

せいぜい、誰か他の人が書いたコードを模倣して、実装するぐらいにしかならない、そんな能力は一般化している。

 

そこからが重要で、「コンピュータの専門家」が「アートの世界」、「健康の世界」、「アイドルの世界」に船を漕ぎ進めることで世界が広がるのだと思う。自分もそうありたいと思って行動しているつもりだ。

 

今の時代、学校のカリキュラムにとらわれなくても、また大学に行かなくても、専門性というものは、インターネットで勝手に高めていくことができるからいいなと感じている。

 

誰もが、「ほにゃらら専門家」になれるのだ。この「睡眠に関する自由研究!」もその一環だ。「ぐっすり睡眠専門家」に自分はなる。

 

たしか、MITの伊藤穰一さんがおっしゃっていたが、大事なのは、「プランAとプランBとプランC」だ。

 

上の例でいえば、プログラミングというプランAをこなし続けて専門性を高め、あるところで「健康の世界」に舵をとる。  

 

違うなと思ったら、「恋愛テクの専門家」に向かう。こうすることで、long spanとshort spanがうまく回るのだ。

 

それではまた!