読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみぶろぐ

睡眠ブログです。もっと、ぐっすり眠りたい!

「お〜い、老い。」

「老い。」それは、難しいようで簡単なのかもしれない。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「早朝スタートダッシュメモ」です。今日は、「睡眠」関係ないです。

 

いま現在、母方の76歳の祖母も一緒に生活しているのだが、テレビがつまらないとしきりに嘆いている。「テレビがつまらないー、テレビがつまらないー。」と少々うるさいほどなのだが、

 

本人と日々、雑談しながら、いろいろと話を聞いてみた。祖母の言っていたことを並べると、

 

「最近のテレビは、内輪ネタで何を言ってるのかついていけない。」

 

「歳をとったせいか、感受性が少なくなってドラマや映画に面白みを感じなくなった。」

 

「CMなげえ。」

 

「ドラマは、毎週、同じ時間を持ってかれるから嫌い。」

 

「芸能人の癖が強い。」

 

「番組表の文字小さい。」

 

現在のテレビ業界の、本質をついてるようなな。。。ここまでが、ネガティヴなおばあちゃんの主張。ポジティブのそれを並べると、

 

「外国人面白い。」

 

「動物かわいい。」

 

「この料理、美味しそう。」

 

といった感じ。祖母は、PCの使い手なので、YouTubeを勧めてみたところ少しの時間、「さだまさし」や「美空ひばり」を何曲か聴いて、PCをぶちぎっていた。(動画を、ブックマークに保存してた。)

 

そうして、飽きたら、テレビをつける。テレビをみていない時は、ラジオか本にいくそうだ。「老後のエンタメ問題」。なかなか難しい。何を勧めたらいいのか。。。

 

でも、やはり若い自分たちが「自分のために」できることは、「変わり続けること。」である。タレントの武井壮さんは1日一時間は「自分の知らないことを学ぶ時間」を意識的に作っているらしい。

 

老い。難しいようで、実は簡単であると、自分は考えています。できることは「学び続け、変わり続けること。」現状に満足したら、そこから「老い」が始まる。

 

幸せは、自分で探し続けなきゃ。「楽しいのが一番。」そんなことを槇原敬之さん以来に、祖母は教えてくれているような気がした。

 

すいません、ちょっと、長くなってしまいました。

 

それではまた!

ネダメ、ダメ、ゼッタイ

寝だめ。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

「そうだ(次の日に備えて)寝だめしよう。」と考える人も多いと思いますが、実際のところ、「寝だめ」なんてものは、僕ら人類にできるものなんでしょうか。調べてみました。

 

睡眠の基礎知識として、「ノンレム睡眠とレム睡眠を90分ずつ繰り返す」というのがあります。約7時間後には浅い睡眠になっているので、その時にパッと起きると、とても目覚めのいい朝が来ます。

 

ここからが重要で、実は、「7時間をすぎてからは浅い睡眠ばっかり」なのです。

 

なので、寝続けても浅い睡眠が続くばかりで、良質で効果的な睡眠は取れないということです。「12時間も寝て、次の日の徹夜に備えよう。」は正直、効果なしです!

 

どうしても、徹夜になってしまう日は、いつも通り起きて、徹夜をし、その後の生活で、徹夜分を補っていくのがいいです。

 

(寝だめは意味ないですが、後から補うのはできます。1時間ばかり多めに寝たりして調節です!)

 

でも、なるべくは徹夜をせずに、意識的に「質の良い睡眠」を作っていくことが一番です。

 

「睡眠オタク」もなかなかいいものですよ。だって、睡眠は人生の3分の1だもの。

布団に入ったらすぐ眠る方法。

夜寝れないなら、朝起きろ。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

1日が終わって、そろそろ寝るかと、布団に入って、目をつむったものののなかなか寝付けずに、次の日寝不足になっている。

 

なんてことがよくある思うが、それを解消するのは簡単である。「朝型になればいい」のである。結局、夜眠れないのは布団に入ってから、意識的にも無意識的にもいろいろと考えてしまうから。

 

このブログで書いているような、質の良い睡眠をとるための生活習慣を作るための方法を行なっていけば、すぐに朝型になれると思う。(自分の経験から。最初は大変だが、でも2.3日で慣れる。)

 

1日、朝から昼にかけて、全力で生活すれば、布団に入ってからは、バタンキューである。明日に向けて眠るだけだ。

 

それではまた!

眠れるコーヒー

健康 睡眠

コーヒーの匂いの効能。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

ただいま、受験勉強シーズン真っ最中ですね。「コーヒー飲んで、いっちょ頑張るか。」なんてことがあると思います。(「7時間睡眠」を削っての仕事は避けましょう。明らかに効率悪いです。)

 

実は、「逆に、眠らせてくれるコーヒー」なるものがあるみたいです。

 

研究内容として、脳が穏やかに活動している時にあらわれる脳波α波がどのコーヒーの匂いを嗅いだ時にもっともあらわれるか」というもの。

 

この研究によって、「グアテマラ」「ブルーマウンテン」にその効能があることが判明したそうなのです。非常に興味深いです。

 

ちなみに、コーヒーにはカフェインが含まれているので、「飲んではいけません。」あくまでも「コーヒーの匂い」です。前のブログで、書きましたが、匂いは脳に直接刺激を与えます。

 

atozzz.hatenadiary.com

 

なので自分は、「寝る前に、コーヒー(ブルーマウンテン)を淹れて、それを朝飲む。」という風にしてます。最近、周りの人に「睡眠オタク」ぶりに、若干ひかれてるんですが、この調子で「睡眠に関する自由研究!」進めていきます。

 

もし、「質の良い睡眠が取れていないな」と感じていたら、やってみてください。自分は今のところ、効能を感じていません。が、日々の積み重ねが大事ですよね。

 

それではまた!

密かに大流行中?「Podcast」

テクノロジー 健康 睡眠

空前のPodcastブームがすぐそこに!?

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

睡眠直前に大量の光を浴びると、いけません。

 

(朝に、太陽光を浴びることによって、体内時計をリセットできるのと同じで、寝る前に強い光を浴びると、質の良い睡眠が取れなくなります。前のブログで書いたように睡眠と光は多いに関係している。)

 

そのため、ぐっすり寝たいと思たら、我々の就寝前の習慣はとても重要で改善の余地があります。

 

なので、自分は、よく「Podcast」を聞いたりしてます。PodcastYouTubeのラジオ版です、簡単に言うと。iPhoneだと、Podcastアプリがプリインストールされてますね。

 

実は、このPodcast密かにかつ確実に流行っています。(Podcast界のヒカキンもいるのだとか、、、)

 

就寝直前は、この「音声のみのエンタメ」に耳をかたむけてます。自分は、根っからの「テック好き」なので、「テクノロジーカテゴリ」のPodcastを聞き漁り中。

 

質の良い睡眠を手に入れるはじめの一歩として、ぜひ、だまされたと思って聞いてみてください。いろいろなカテゴリのPodcastがあるので、お気に入りのPodcastを見つけてみてはいかがでしょうか。ちなみに、「通勤・通学時・ランニング中」に聞くのもおすすめです。

 

ユーチューバーに飽きたら次は、ポッドキャスターです。

 

それでは、また!

 

(下に、よく聞いてる面白いチャンネルのリンクを貼っておきます。)

 

Rebuild

https://rebuild.fm/

backspace.fm

http://backspace.fm/

アキバ系電脳空間カウボーイズZ

http://keith.weblogs.jp/cyberspace/

「インターネットの次に来るもの」その1

「インターネットの次に来るもの」

 

 どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「インターネットの次に来るもの」のメモです。

 

いま、ケヴィン・ケリーが書いた「インターネットの次に来るもの」を読んでいる。1990年代にインターネットバブル的なものが起きて、世界が大きく変わった(自分は、生まれたばかりでバブってたので知らないが)。

 

そして、今現在もちょうどその時と同じような時に我々は立っている。それは言うまでもなく、インターネットではなく、ほぼ「人工知能」のこと。

 

人工知能」は、自分自身にとっても、現在一番、ワクワクさせるもので、機械学習のプログラムを書いたりディープラーニングに入門したりしてしている真っ最中だ。(人口知能を知るには、人工知能のプログラミングをしてみることが近道。)

 

ケヴィンが言うには、これまでが、あらゆるものを「電子化」してきた流れだとすると、これからは、あらゆるものを「コグニファイ」していく流れなのだそうだ。

 

どういうものがコグニファイされていくのかというと「あらゆるもの」だ。

 

コグニファイされたコーヒーマシン、コグニファイされた畑、コグニファイされた交通インフラ、コグニファイされた看板、コグニファイされた身体、コグニファイされた家、コグニファイされたラケット、コグニファイされたロボット。コグニファイされた洋服。

 

少々言い過ぎで馬鹿げているように見える気もするが、インターネットバブル当時またはそれ以前に現在のような世界を誰が想像したということだろう。

 

どこまでいっても未来のことはわからないが、準備しておく態勢が大事だ。ここで、どういう行動をとるかが今後30年の紛れもなく自分自身の生活を変えるということだ。

 

大事なのは、このブログで何度か書いたはずだが、「できるだけ早く適応し、ニュータイプになること」だ。ちなみに、自分は、人工知能について眉間にしわを寄せて議論し合うような難しい問題ではないと感じている。

 

この本にも書いてあるが、今後うん十年で無くなる仕事は非常には非常に多いだが、それは歴史的に見て、当たり前である。昔はほとんどの労働者が農業に従事していたわけだが、

 

今では、webデザイナーというような当時では想像もつかない仕事が一般化している。というか、仕事がなくなる危機感というのは、普通は仕事がなくなると生活がきつくなるから。

 

そのため、自分で自身の生活の仕方も考えていかないといけないわけだ。これからは、仕事の賞味期限のサイクルが早くなるだけだと思う。大事なのは早く適応することだ。その能力こそが、「知能」の一部なのかもしれない。

 

それではまた!

 

無印良品と睡眠。

健康 睡眠

匂いと睡眠。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

「質の良い睡眠」は、ヒトの記憶能力や運動能力を高めます。逆に、「質の悪い睡眠」は、ヒトの判断力や創造力を残酷なほど低下させてしまいます。

 

質の良い生活を送ろうと思ったら、「意識的に」日々の「自分自身の睡眠」を研究し、DIYしていく必要があります。

 

そもそも、「質の良い睡眠」とは、レム睡眠とノンレム睡眠がバランスよくとれている睡眠です。レム睡眠とノンレム睡眠では、脳の動きが違います。互いの比率は、2:8です。

 

レム睡眠を増やせばいい、できるだけノンレム睡眠をとるということではなく2:8のバランスであることが重要です。

 

(ちなみに、REMはRapid Eye Movementです。この時間帯は、脳が活発に動き、日中にインプットした情報を整理整頓しています。)

 

バランスのとれた睡眠をDIYするには、習慣が大事です。その一つは、「どんな匂いを嗅ぐか」です。

 

嗅覚は「大脳辺縁系」という場所に直接、刺激を与えるのですが、実は、この場所はヒトの「睡眠」への本能と関係があるらしいのです。

 

効果的な匂いは、「ラベンダー」です。これを嗅ぐと、脳が穏やかな活動の時にハッスル、α波が多く現れます。意外なのですが、一部のコーヒーの「匂い」も睡眠に誘う効果があるという研究結果もあるみたいです。

 

(コーヒーですが、飲んだらダメです。あと、眠るためにお酒を飲むのもよくない習慣です。本気ならやめましょう。寝るなら飲むな。)

 

強い光を浴びない方が良い時間帯の、せめて「睡眠30分前」は本でも読みながら、ラベンダーの匂いを嗅ぐのは良い生活習慣だと思います。

 

よく日本人は、「匂い」に関心が薄いと言われますが、睡眠と密接な関係があるそうなので、ちゃんと、このあと無印良品に行って、「ラベンダーのアロマ」を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

それではまた!