読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみぶろぐ

睡眠ブログです。もっと、ぐっすり眠りたい!

無印良品と睡眠。

健康 睡眠

匂いと睡眠。

 

どうも、atozzzです。以下は、とある大学生(経済学部、♂)の「睡眠に関する自由研究!」のメモです。

 

「質の良い睡眠」は、ヒトの記憶能力や運動能力を高めます。逆に、「質の悪い睡眠」は、ヒトの判断力や創造力を残酷なほど低下させてしまいます。

 

質の良い生活を送ろうと思ったら、「意識的に」日々の「自分自身の睡眠」を研究し、DIYしていく必要があります。

 

そもそも、「質の良い睡眠」とは、レム睡眠とノンレム睡眠がバランスよくとれている睡眠です。レム睡眠とノンレム睡眠では、脳の動きが違います。互いの比率は、2:8です。

 

レム睡眠を増やせばいい、できるだけノンレム睡眠をとるということではなく2:8のバランスであることが重要です。

 

(ちなみに、REMはRapid Eye Movementです。この時間帯は、脳が活発に動き、日中にインプットした情報を整理整頓しています。)

 

バランスのとれた睡眠をDIYするには、習慣が大事です。その一つは、「どんな匂いを嗅ぐか」です。

 

嗅覚は「大脳辺縁系」という場所に直接、刺激を与えるのですが、実は、この場所はヒトの「睡眠」への本能と関係があるらしいのです。

 

効果的な匂いは、「ラベンダー」です。これを嗅ぐと、脳が穏やかな活動の時にハッスル、α波が多く現れます。意外なのですが、一部のコーヒーの「匂い」も睡眠に誘う効果があるという研究結果もあるみたいです。

 

(コーヒーですが、飲んだらダメです。あと、眠るためにお酒を飲むのもよくない習慣です。本気ならやめましょう。寝るなら飲むな。)

 

強い光を浴びない方が良い時間帯の、せめて「睡眠30分前」は本でも読みながら、ラベンダーの匂いを嗅ぐのは良い生活習慣だと思います。

 

よく日本人は、「匂い」に関心が薄いと言われますが、睡眠と密接な関係があるそうなので、ちゃんと、このあと無印良品に行って、「ラベンダーのアロマ」を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

それではまた!